近年、スマートフォンの普及によりスマートフォン向けゲームプログラム開発が盛んで、ゲーム開発者のプログラマーの需要が高まっています。プログラマーといえば、パソコンの画面に向かって必死にコーディングをしているイメージが強いかもしれません。しかし、ヒューマンスキルも必要です。それは、一体どのようなことなのでしょうか。
まずはコミュニケーション能力が必要です。ゲーム開発は仕様に基づき一定動作をするプログラムを作成しますが、仕様書を記載したクライアントの思いを汲み取り、要件を満たしていく必要があります。また、プログラマーだからと言って、全ての分野の知識に精通しているわけではありません。自分の強みをしっかり理解し、弱みの部分を他の人からレクチャーを受けなければいけないかもしれません。そんな判断能力も必要です。

上流工程への理解を深めることも大切です。上流工程はエンジニアとしての技術的なスキルだけではなく、クライアントとの折衝力や業務分析など業務を熟知した上で交渉を行うスキルが必要です。
また、マーケット感覚も必要です。IT業界は何かとトレンドの浮き沈みが激しい業界です。アプリ開発中にもトレンドが変わってしまうこともあるかもしれません。そんな時には、自分で察知した感覚を研ぎ澄まし、クライアントにトレンドから外れていることを申し出ることも必要になるでしょう。
このように、ゲーム開発プログラマーは常にアンテナを高くし、関係者に鋭い意見を言えるような人材である必要があります。今後、もしゲーム開発に携わりたいのであれば、上記で述べた必要とされるスキル以外にも、開発言語や案件の探し方などゲーム業界での仕事に役立つ情報を把握しておくと、転職や案件獲得に有利にはたらくでしょう。