スマートフォンが普及したことによって、スマートフォン向けのゲーム開発に需要が集中しているのが現状です。このスマートフォン向けのゲームを開発する動きはゲーム会社だけでなく、他業界の会社にも広がっています。そのため、ゲームプログラマーに対する需要は高まっていると言えるでしょう。
特に、他業界の会社はゲーム開発に関するノウハウがないため、仕事を外注してくるケースが多いです。他業界の会社はゲーム会社ではなく、フリーランスのゲームプログラマーに仕事を外注するケースも珍しくありません。そのことを考えれば、知識や技術に自信を持っているゲームプログラマーはフリーランスへの転職を考えてみるのも良いでしょう。

スマートフォン向けのゲーム開発では、オンラインゲームの開発を行う場合もあります。その場合は、ゲームのプログラムを常に管理しておく必要があるため、身体的な疲労が大きいのが現状です。勤務の状況によっては、体調を崩すゲームプログラマーが出てくる可能性が高いでしょう。
このオンラインゲームの開発におけるデメリットを解消するためには、1人あたりの勤務時間を見直すことが重要になります。24時間稼働し続けるアプリケーションを1人のプログラマーがずっと管理し続けることは不可能です。3人か4人の交代制でプログラムの管理を行うのが理想的で、例えば3人体制であれば「朝・夕方・深夜」の3つのシフトを決めて、その時間に沿って管理者を交代するのが良いでしょう。