ゲーム開発にはコンシューマー向けゲームの開発とスマートフォン向けゲームの開発の2種類があります。コンシューマー向けゲームはリリース後の修正ができないケースが多いのが特徴です。長期的な時間をかけてクオリティーの高いゲームを作るのがコンシューマー向けゲームの開発では必要な要素となるため、専門的な知識や技術を持ったプログラマーが求められています。
対して、スマートフォン向けゲームはリリース後の修正ができるのが特徴です。そのため、初期段階で作り込みが甘くても、後から修正することが可能になっています。スマートフォン向けのゲームを開発する場合は専門性の高さよりも素早い対応のできるプログラマーが求められているのが現状です。

入社における難易度はコンシューマー向けゲームの方が高い傾向にあります。コンシューマー向けゲームはプログラマーの募集人数が少ないケースが多く、採用されるには他のプログラマーよりも優れていることを示す必要があるでしょう。
スマートフォン向けゲームの場合は、コンシューマー向けゲームよりも人手不足に陥っている傾向が強く、募集人数も多いので採用される可能性は高いです。
しかし、スマートフォン向けのゲーム開発を行っている会社は、比較的に激務となる場合も多いため、しっかり優良な企業を厳選することが重要となります。自分だけでは優良な企業を見つけられない場合は、就職や転職に強いコンサルタントのアドバイスを受けてみるのもおすすめです。